企業方針

リログループ「3つの信条」

リログループが掲げる「3つの信条」 この信条のもとに、私たちは会社繁栄の追求、社会への貢献を目指します。

  • 一、全社員経営参加のもとで個人を尊重し団結し
    全社員の繁栄を追求しなければならない
  • 一、顧客にはできる限り最高のサービスを提供しなければならない
  • 一、卓越した地位とあらゆる面で一流一番最大最善を
    追求しなければならない

使命

日本企業が世界で戦うために本業に集中できるよう、本業以外の業務をサポートすること
真のサムライパワーを発揮できるよう、日本企業の世界展開を支援すること
これから始まる日本の大転換をサポートすること

ビジョン

『グローバル・リロケーションカンパニー No.1』

全世界で、企業とその従業員の移動にともなう全ての問題を解決できる、世界最大のグループをつくる。

「第二の創業」

『第二の創業』は、2012年3月期を初年度とする20年以上に及ぶ中長期の事業構想です。 前半を『第二の創業ステージ』、後半を『グローバル創業ステージ』と位置付けて、ステージ内に中期経営計画『オリンピック作戦』を策定しております。

『第二の創業ステージ』

前半の『第二の創業ステージ』においては、国内市場が縮小し日本企業の世界展開が益々加速することを見据えて、日本企業が世界で戦うために本業に集中できるよう本業以外の業務をサポートし、真のサムライパワーを発揮していただけるよう日本企業の世界展開を支援してまいります。

『グローバル創業ステージ』

後半の『グローバル創業ステージ』では、日本企業と世界で活躍する企業の従業員の皆様から「海外赴任・海外生活のサポートならリロ」といわれる存在になり、グローバルに展開するグローバル企業に対して、その移動に関する一切をサポートできる「グローバル・リロケーションカンパニー No.1」となることを目指してまいります。

中期経営計画「新第三次オリンピック作戦」

2012年3月期に開始した「第一次オリンピック作戦」では、2011年3月期の経常利益52億円を4年間で90億円にするという計画を掲げておりましたが、最終期の2015年3月期には98億円で着地し、大幅に超過、達成する結果となりました。
続いて2016年3月期に開始した「第二次オリンピック作戦」でも、4年間で更に利益倍増となる経常利益200億円を中期経営計画の目標として掲げ、2019年3月期に計画を達成しました。

2020 年3月期に開始した中期経営計画「第三次オリンピック作戦」では、2023 年3月期の業績目標を、売上高 3,700 億円、税金等調整前当期純利益355億円とし、その実現に向けて取り組んでまいりました。
一方で、2020年以降の新型コロナウイルス感染症の拡大により、全世界の経済活動が停滞し、先行きが不透明な状況が続き、国境を跨ぐ人の移動が制限されるほか、新規営業活動にも遅れが生じるなど、当初計画に影響が出じました。かかる状況を踏まえ、2021 年5月 に、2025 年3月期を最終年度とする中期経営計画「新第三次オリンピック作戦」を策定しました。

2022年3月期第1四半期から、本格的なグローバル展開に向けた経営基盤の強化および財務情報の国際的な比較可能性を高めることを目的として、国際財務報告基準(IFRS)を適用しております。
国際財務報告基準(IFRS)の適用で、IFRS16号「リース会計」の影響により売上収益が大幅に変動することから、2025年3月期を最終年度とする中期経営計画「新第三次オリンピック作戦」の売上収益の業績目標を組み替えることとしました。
なお、国際財務報告基準(IFRS)の適用に伴う詳細な影響額等は2022年3月期の決算短信及び決算説明補足資料を参照ください。