トップメッセージ

日本の大転換を側面サポートしていく

 株主の皆様には、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。新型コロナウイルスに罹患された方、そのご家族の皆様、又、現在も様々な影響を受けておられる皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

 さて、先ず、ご報告となりますが、リログループは、2022年3月期、営業利益・税引前利益・当期利益共に、過去最高益を更新し、これにより22円で予定しておりました配当につきましては、29円とする事を決定いたしました。

 2022年3月期は、21世紀最大の困難下、人の移動が大きく制限される状況にありましたが、当社・主力事業である福利厚生事業、借上社宅管理事業、海外赴任支援事業、夫々が、企業のテレワークが進む中、増加するアウトソーシングニーズを捉え、会員数や契約社数を増やし、又、賃貸管理事業も、グループ化した企業の成功・失敗事例を共有する共通基盤を整備する事で、M&A後の成長が加速、そして、観光事業も別荘を使う分だけ所有する会員制事業を中心に成長し、黒字化を果たしております。

 一方、海外戦略事業は、世界経済が大混乱する中、苦戦を強いられましたが、5月6日、リリースしておりますとおり、当社保有のリロケーションカンパニーBGRSグループと業界最大手の一角である米国SIRVAグループとを統合させることで、アフターコロナにおいて、世界のリロケーションカンパニーNo.1を目指すというビジョン実現を狙っております。

 世界経済は、一進一退を繰り返しながらも、徐々に、その動きを開始しておりますが、この大混乱下、アウトソーシングニーズは世界的に高まり、又、わが国においては、根本的課題である、労働力不足が大きなうねりになって動き始めております。2022年3月期、最高益の更新という結果を与えられた当社は、これら新たな環境下で生ずる新たな課題を大いなる機会と捉え、いち早くソリューションを提供していく事を使命とし、取り組んで参ります。

 引き続き、「日本企業の本業以外の業務をサポートし、世界展開を支援する」又、「これらの活動を通じて、日本の大転換を側面サポートしていく」という我が社の使命実現に向け、そして、「グローバル・リロケーションカンパニーNo.1となり、全世界で企業とその従業員の課題を解決できる世界最大のグループを創る」というビジョン実現に向け、長期的な挑戦を継続していく所存でございますので、今後とも、応援の程、どうぞよろしくお願い申し上げます。

株式会社リログループ 代表取締役CEO