ホーム >  プレスリリース・お知らせ >  海外リロケーション欧州本格進出『英国サービスデスク』新規開設のお知らせ

プレスリリース・お知らせ

『英国サービスデスク』新規開設
~リロケーション・インターナショナル 海外リロケーション欧州本格進出~

2011年2月28日

報道関係者各位

株式会社リロ・ホールディング
株式会社リロケーション・インターナショナル

海外リロケーションサービスの最大手 株式会社リロ・ホールディング(東京都新宿区 代表取締役社長 中村 謙一)の子会社 株式会社リロケーション・インターナショナル(東京都新宿区 代表取締役社長 志水 康治)は、3月より英国(ロンドン)にサービスデスクを新しく開設いたします。
これにより、同社は欧州における本格的なリロケーションサービスを開始いたします。
同社は、これまで、北米と中国(上海)に現地拠点を有し、現地サポートサービスを展開してきましたが、かねてから欧州、特に英国における現地サポートの要望は強く、同社における赴任手配数でも現在第5位である英国への進出を決定いたしました。

英国サービスデスクの具体的なサービス内容は以下のとおりとなります。

  1. ホームサーチサービス
  2. テナンシーセットアップサービス(契約サポートサービス)
  3. テナンシーマネジメントサービス(入居中の管理サービス)
  4. テナンシーリニューアルマネジメントサービス (契約更新サポートサービス)
  5. デパーチャーサービス (退去時サポートサービス)
  6. 駐在生活立ち上げ相談サービス※
    ※当サービスは、日本で赴任アウトソーシングサービス導入企業様には無料で提供致します。

英国の不動産賃貸業における商習慣は独特で、不動産仲介会社は仲介手数料を物件オーナーからのみ受け取る代わりに、オーナー利益の最大化を主眼としたテナント(入居者)との交渉を行います。
そのため、テナントにとって不利な契約リスクを避けるために、テナント側に立って、様々なサポートをしてくれるリロケーションカンパニーは非常に重要な存在なのです。

当面、同社は英国の大手リロケーションカンパニー「Ys Homes」と業務提携契約を締結し、現地サポートサービスの拡充を図りながら、英国の邦人駐在員の方々へのサービス向上に努めてまいります。
また、欧州における現地サポート体制の確立により、競合に対する優位性を更に高め、今後、フランス(パリ)やインド(デリー、グルガオン、ムンバイ)など、赴任者数の多いエリアや、企業の要望の強いエリアを中心に、同社の海外リロケーションネットワークを積極的に拡大してまいります。

企業概要

株式会社リロ・ホールディング

所在地 〒160-0022 東京都 新宿区 新宿4-3-23 内田ビル9F
TEL : 03-5312-8791 FAX : 03-3225-9714
http://www.relo.jp/
設立 1967年3月
資本金 2,561,000,000円
事業内容
  • リロケーション事業
  • 福利厚生およびCRMアウトソーシング事業
  • 余暇創造事業
代表者 代表取締役社長 中村 謙一

株式会社リロケーション・インターナショナル

所在地: 〒160-0022 東京都 新宿区 新宿4-3-25
TEL:03-5312-8702 FAX:03-5312-8735
http://www.relocation-international.co.jp
設立: 2005年6月
資本金: 75,000,000円
事業内容:
  • 留守宅管理事業
  • 海外赴任業務代行事業
  • 海外赴任総合コンサルティング事業
  • 外国人駐在員受入れ事業
  • リフォーム事業
  • BTM事業
代表者: 代表取締役社長 志水 康治

 

本件に関するお問い合わせ

株式会社リロ・ホールディング 広報マーケティング室 広報担当: 小山
〒160-0022 東京都新宿区新宿4-3-23 内田ビル9F
TEL: 03-5312-8791 FAX: 03-3225-9714 e-mail: k.koyama@relo.jp