一戸建て留守宅オーナー様の修繕にかかる突発的な出費リスクを軽減する! 「リロの修繕計画サービス」開始

2013年10月15日

報道関係者各位

株式会社リロ・ホールディング
株式会社リロケーション・インターナショナル

海外リロケーションサービスの最大手 株式会社リロ・ホールディング(東京都新宿区 代表取締役社長 中村 謙一)100%出資会社、株式会社リロケーション・インターナショナル(東京都新宿区 代表取締役社長 志水 康治)はグループ創業事業である「リロの留守宅管理サービス」において、新たに一戸建て留守宅オーナー様向けの「リロの修繕計画サービス」を10月15日より開始いたします。

分譲マンションでは住民による修繕費の積立ては一般化されていますが、一戸建では修繕時のリスクを回避するためには、オーナー自らが修繕費の積立てをしなければなりません。特に留守宅を同社のような専門業者に預ける場合は、留守宅の状態などが把握できないため、ほとんどの場合、住宅設備などの故障は突発的に発生します。

また十数万円から数十万円の高額な修繕費が発生するケースも多く、留守宅オーナー様にとっては非常に大きな負担になります。

そこで留守宅オーナー様の高額な修繕費の負担リスクを軽減することを目的に同サービスを開発いたしました。

まず同社が管理する一戸建ての「留守宅」に対して、リフォームの専門家が物件の事前点検をし、修繕計画を留守宅オーナー様に提供いたします。そしてご自宅の状況を踏まえた上で、オーナー様から「修繕積立て金」をお支払いいただきます。

一戸建ての物件のみを対象とした「リロの修繕計画サービス」は、わが国において初めてとなります。

同社は主力事業である「留守宅管理サービス」において同サービスなど、きめ細かな付加価値サービスで差別化を図り、管理戸数について年間110%~115%積み増しを目指します。

今後も同社は「留守宅管理サービス」のリーディングカンパニーとして、留守宅オーナー様の悩みごとや困りごとを解決してまいります。

最後に「リロの修繕計画サービス」のサービス概要を以下のとおりご説明いたします。

「リロの修繕計画サービス」について

1.サービス料金 

 1)家賃の1か月分(年に一度)
   ⇒ 住宅設備における修繕費用の全額を同社が負担する場合

 2)家賃の半月分(年に一度)
   ⇒ 住宅設備における修繕費用の半額を同社が負担する場合

2.交換を要する場合のご提供するサービス

 ※これまでの留守宅管理業務において、最も発生リスクの大きな箇所をサービス対象といたしました。

 1)給湯器交換
   提供回数 : 賃貸借契約期間中、1回のみ

 2)ガスコンロ交換
   提供回数 : 賃貸借契約期間中、1回のみ

3.必ずご提供するサービス

 1)庭木の剪定サービス
   提供回数 : 賃貸借契約期間中、年1回のみ

 2)蟻予防処理サービス
   提供回数 : 賃貸借契約期間中、1回のみ

 3)排水管清掃サービス
   提供回数 : 賃貸借契約期間中、1回のみ

企業概要

株式会社リロ・ホールディング

所在地 〒160-0022 東京都新宿区新宿4-3-23 内田ビル9F
TEL : 03-5312-8791 FAX : 03-3225-9714
http://www.relo.jp/
設立 1967年3月
資本金 2,667百万円
事業内容
  • リロケーション事業
  • 福利厚生およびCRMアウトソーシング事業
  • 不動産賃貸管理事業
  • その他事業(リゾート、金融など)
代表者 代表取締役社長 中村 謙一

株式会社リロケーション・インターナショナル

所在地 〒160-0022 東京都新宿区新宿4-3-25
TEL:03-5312-8702 FAX:03-5312-8735
http://www.relocation-international.co.jp/
設立 2005年6月
資本金 75百万円
事業内容
  • 留守宅管理事業
  • 海外赴任業務代行事業
  • 海外赴任総合コンサルティング事業
  • 外国人駐在員受入れ事業
  • リフォーム事業
  • BTM事業
代表者 代表取締役社長 志水 康治

株式会社リロ・ホールディング 広報マーケティング室 広報担当: 小山
〒160-0022 東京都新宿区新宿4-3-23 内田ビル9F
TEL: 03-5312-8791 FAX: 03-3225-9714 e-mail: k.koyama@relo.jp