ホーム >  プレスリリース・お知らせ >  『外国人留学生住居支援サービス』開始のお知らせ

プレスリリース・お知らせ

「外国人留学生住居支援サービス」開始
~リロケーション・ジャパン 外国人留学生の住まいの悩みをまとめて解消!~

2010年8月30日

報道関係者各位

株式会社リロ・ホールディング
株式会社リロケーション・ジャパン

リロケーションサービスの最大手 株式会社リロ・ホールディング(東京都新宿区 代表取締役社長 土屋 真)の子会社 株式会社リロケーション・ジャパン(東京都新宿区 代表取締役社長 岩尾 英志)は、各大学の外国人留学生を対象にお部屋探しから管理までワンストップで提供する『外国人留学生住居支援サービス』を9月1日より開始いたします。

昨今、グローバル化の推進といった視点から、外国人留学生を積極的に受け入れる大学が増えており、現在、我が国における留学生の総数は約13万人と、この10年間で2倍以上(別紙ご参照願います。)の伸びを示しております。
現在、約10万人の留学生が民間の賃貸物件に住んでおりますが、外国人に対するイメージや言葉の問題等から、不動産会社や物件オーナーから敬遠されるケースが多いというのが現状です。
また、留学生に宿舎の提供等の取組みを行っている大学が増えてきておりますが、国費留学生が中心で、私費留学生に対する住居支援は非常に手薄な状態となっており、未だに留学生の住居における問題は解決されておりません。

昨年、当社が実施した留学生、大学および物件オーナー・不動産会社に対して行ったヒアリング調査では、それぞれ、以下のような問題が浮き彫りとなりました。

留学生側

  1. 外国語での対応(物件案内、契約書、重要事項取扱説明等)ができる不動産会社が少なく、門前払いされるケースも少なくない。
  2. 外国人と言うだけで、物件オーナー・不動産会社から敬遠される。
  3. 連帯保証人になってもらえる知人がいない。

大学側

  1. 学校関係者(大学の職員、理事長、担当マネージャー本人等)が連帯保証人になるケースもあり、更には卒業後も連帯保証人にならざるを得ない場合もある。
    また、家賃滞納や近隣からのクレームにも対応しなければならないこともある。
  2. 大学が借りた物件を寮として貸すが、契約手続きや物件オーナーとの交渉等非常に煩雑なオペレーションをせざるを得ない。

物件オーナー・不動産会社側

  1. 近隣住民とのトラブルが心配である。
  2. 物件の扱い方が心配である。
  3. 家賃の滞納が心配である。
    ※実際に、突然の行方不明になってしまうケースも起きております。

そこで、同社は、これらの問題をまとめて解決するため、同社が提供する転貸による企業向け借上社宅管理代行サービス(『リライアンス』)をベースに、留学生専用の住居支援サービスを開発いたしました。

主なサービス内容は、以下のとおりです。

サービス内容

  1. 転貸借契約(※)による、各種契約手続きおよび物件オーナー・不動産会社からの対応等のフルアウトソーシング。
  2. 転貸借契約であるため、連帯保証人・敷金は不要。
  3. 同社が展開する全国の不動産仲介会社ネットワーク『リロネット』加盟店約2500店舗に設置されるWEBカメラを使った、同社の留学生専用コールセンターの同時通訳による物件探しから契約までのワンストップサポート。
  4. 留学生の入居が可能な物件の紹介。
  5. 外国語(中国語、韓国語、英語等)で作成された契約関係書類等のアウトプット。
  6. 外国語で制作したDVDによる、入居中説明の対応。

昨年のヒアリングの段階から、複数の大学が当サービスに興味を示しており、既に、当サービスに対し、多くの問い合わせが寄せられております。
既に、立教大学とは、具体的にサービススキームの検討を行っております。
その他、9月中には数校との業務提携を予定しており、10月からは、契約締結した大学の留学生に具体的な物件紹介を開始する予定です。

また、紹介物件につきましては、予ねてより当スキームにご理解をくださったUR(都市再生機構)より、約77万戸の賃貸物件のうち、留学生に適した物件をご提供いただけますので、積極的にURの物件を留学生にご紹介してまいります。

将来的に、リログループとして、留学生の住居支援だけでなく、アルバイト先や卒業後の就職先の斡旋なども行っていく予定です。

リロケーション・ジャパンは、この留学生マーケットを新たな標的市場と捉え、2013年3月期には大学70校と契約し、留学生管理戸数約5000戸、売上高約3億円を目指します。

別添資料

news20100830_01.gif

出典(独立行政法人日本学生支援機構より)

※転貸借契約について

news20100830_02.gif

企業概要

株式会社リロ・ホールディング

所在地 〒160-0022 東京都新宿区新宿4-3-23 内田ビル9F
TEL : 03-5312-8791 FAX : 03-3225-9714
http://www.relo.jp/
設立 1967年3月
資本金 2,561,000,000円
事業内容
  • リロケーション事業
  • 福利厚生およびCRMアウトソーシング事業
  • 余暇創造事業
代表者 代表取締役社長 土屋 真

株式会社リロケーション・ジャパン

所在地: 〒160-0022 東京都新宿区新宿4-2-18 新宿光風ビル7F
TEL:03-5312-8842 FAX:03-5367-1985
http://www.relocation.jp/
設立: 2001年7月2日
資本金: 100,000,000円(株式会社リロ・ホールディング100%出資)
事業内容:
  • 借上社宅管理代行サービス「リライアンス」
  • インターネットによる転勤者サポートサービス「リロネット」
  • 寮・社宅の管理における業務請負および人材派遣「ケアテイカー」
  • 寮・社宅に関するコンサルティング事業
  • 寮・社宅に関する賃貸管理、総合運営管理事業
  • 外国人留学生向け住居支援サービス
代表者: 代表取締役社長 岩尾 英志

 

本件に関するお問い合わせ

株式会社リロ・ホールディング 広報マーケティング室 広報担当: 小山
〒160-0022 東京都新宿区新宿4-3-23 内田ビル9F
TEL: 03-5312-8791 FAX: 03-3225-9714 e-mail: k.koyama@relo.jp